« 時計仕掛けのオレンジ 下まつげと白い作業服 | トップページ | 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか »

2001年宇宙の旅 何度見てもおもしろい!

SFなんてわからないし、小説も読んでいないし、あまり興味がないので、その辺は論点にはいっておりませんが、
猿とモノリスとの対峙は本当にかっこいい!!
そして、絶妙なクラシック音楽の使い方。いつ見てもかっこいい、そして、色あせない。
私がキューブリック作品で一番好きな映画です。

2001年宇宙の旅
スタンリー・キューブリック

おすすめ平均 
映画=‘科学芸術’の自己言及
モダンの時代を感じさせる作品
傑作
6年間かけて制作されたSF映画を根本から変えた傑作
難解だけど素晴らしい

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

書きたいことが山ほどあったので、ちょっと章だててみました。

1、かっこよさ
2、交響詩ツァラストラかく語りき(オープニングテーマソング)
3、モノリス
4、スーパーコンピュータHAL9000
5、ニーチェについて

です。お時間・ご興味のある方は見ていただけるとうれしいです。あんまりたいしたことは書いてませんが。

2001年宇宙の旅の画像がいっぱい 一応音楽(交響詩・ツァラストラかく語りき)も。雰囲気が味わえます。

★書籍

決定版 2001年宇宙の旅
アーサー・C. クラーク Arthur C. Clark 伊藤 典夫

おすすめ平均 
SF小説の頂点
映画を見て首をかしげた人にはお勧め
読者の想像力に迫る
アーサー・C・クラークの話は本当になってる
ヤペタスの目、映像の目、言葉の目

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
未来映画術「2001年宇宙の旅」
ピアース ビゾニー Piers Bizony 浜野 保樹 門馬 淳子

おすすめ平均 
2001年を前に

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

★かっこよさ!★

また、そのかっこよさ、未来っぽさ、そして、そこに見え隠れする当時(1968年)っぽさを存分に堪能してください!
60年代のアメリカ女性ファッション・60年代のポップなインテリア!(アメリカン・モダン)はこれまたかっこいい!!そして、衝撃のラスト!
傷心な私にはもってこいの作品です。
好きなインテリアはスカンジナビア・モダンですが、ドイツ・モダンも捨てがたい!いつか、そういうお家に住みたいですねー。
インテリアサイト

★交響詩「ツァラストラかく語りき」★

いろんなテーマを扱っていますが、この映画を見るたびに、冒頭の音楽を聴くだびに、ああ、私ってば、ちっぽけだ、と思うわけです。
そして、ニーチェの「ツァラストラかく語りき」を思い浮かべるのです。
交響詩というのは、とっても単純に言わせてもらうと、「物語を音楽で表現した!」ものなので、これもニーチェを表現したらしいですよ。
シュトラウスがどういう思いでこれを作ったかなんて紹介してると文字が多くなるので、一番印象的な冒頭の部分だけにします。
「夜から、曙の到来、トランペットで自然の主題、宇宙の単純で巨大な偉大さを感じさせると同時に3度の音がぬけていて、それから長和音、短和音へとゆき、神秘さと解決されないなぞを暗示する。
そして、もう一度自然の主題とティンパニーが現れる(名曲解説全集より)」
ここまで見てもらうと、なんだか映画自体がこの曲へのオマージュのように感じてしまいませんか?

★モノリス★

やっぱり、猿がモノリスと対峙して「道具を得る」シーンが一番かっこいいかなあ。
映画では(小説でも)すべすべな黒い謎の石柱。ただし、モノリスの元の言葉、英語のmonolithは、「ひとつの、または孤立した岩」という意味のギリシャ語から派生したラテン語に由来する普通名詞であり、石柱、記念碑、オベリスク等の人工物、およびエアーズロック、ストーンマウンテン等の巨石を指す。

★スーパーコンピュータHAL9000★

大好きです。コンピュータ=ハルな感じです。
でも、あれは現代のPCとはぜんぜん違いますよねー。スパコンだから当たり前かもしれないけど、かなりハードの力を入れてる感じ。
現代って「ソフト重視」じゃないですか?だから、そのへんが、1968年を思わせるなと。スパコン業界はそんなことないのかな?専門外でわかりませんが。
余談ですが、少女マンガ「CIPHER-サイファ」で出てくるハンドルネームもHAL9000だし、ハルとかいう邦画もありますよね。
ハルが「デイジー」を歌うところは、泣きそうになります。
で、2ちゃんねるにこんなスレッドたってた。暇ならすかさず書き込もう!
こんなHAL9000は嫌だ!


★ ニーチェについて★

哲学選考したわけでもなんでもないので、大きなことはなーにひとつ言えませんが、面白いですよね。
なんにしたって、過激だ。
私は右翼とか微妙・・・って思ってるので、ニーチェの思想も、どうにも・・・なところもありますが。でも、10代のころはやっぱり大きな影響を受けたし、今読み返してみると、また違った影響を受けます。
ニーチェというと真っ先に出てくる単語って何でしょう?「神は死んだ」?「この人を見よ」?「ニヒリズム」?
私は、「超人」ですね。もちろん、きん肉マン大好きですけどね!それとは違った意味で。
で、ニーチェを語っちゃうとやっぱり文字だらけになっちゃうんで、適当に述べさせていただくと、「キリスト教という枠のなかでのやんちゃっ子」ですかね?えらそうですか?すいません。
枠があるからこそ、もがく、もがくからいろんな真理が飛び出てくる。大まかに捉えて、そういうイメージです。で、突出した人だなーと。

|

« 時計仕掛けのオレンジ 下まつげと白い作業服 | トップページ | 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50824/2480908

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年宇宙の旅 何度見てもおもしろい!:

« 時計仕掛けのオレンジ 下まつげと白い作業服 | トップページ | 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか »