« 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか | トップページ | カンフーハッスル ありえねー!が面白すぎ »

妹の恋人 美しすぎる恋愛おとぎ話。ヘルメットをかぶって恋に落ちる!

ありえない、とっても都合の良い、優しいラブストーリーに涙が止まりませんでした。
ジョニーデップ主演?のこの映画。
本来なら私が一番苦手とする「恋愛映画」な話です。それも、1980年代のアメリカもの!
80年代のアメリカなんて「スローイングパイ(パイ投げ 私の中では80年アメリカ=馬鹿=パイ投げ)」しか受け付けん!と思っていたのですが、ジーンときてしまいました。

●●●●●

ジョニーデップはシザーハンズで大好きだし、この映画も友人と二人で見る約束をしていたのです。それは実は10年前なんですが。で、いつか見ようと思っていて、本日見ました。予想以上に良かったです!!!

妹の恋人〈特別編〉
ジョニー・デップ

おすすめ平均 
アイロントースト
妹から独立できない兄
こんな人ホントにいたら絶対惚れてしまう
ほのぼの幸せな気分(^ー^* )
好演

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

恋愛映画が苦手な理由は、所詮、他人事だから・・・です。自分の私生活のほうがずっと自分に影響があるので、映画でまで恋愛なんて見たくない!映画にできないようなつまらない恋愛でパニクってるのに!
でも、この映画は恋愛だけじゃなくて、兄と妹の心のつながり、そして、そのやさしいつながりからの
卒業をとても美しく描いています。主題は、恋愛というよりも兄妹なのかな?

●●●●●

この映画で描かれる恋愛は本当におとぎ話のように美しくて、ハッピーエンドなのに、涙が止まらなかったです。
やさしい、やさしい、やさしすぎる関係の二人。必見です。

精神を病んでいる妹の世話を一手に引き受けて恋人も作れずにいるベニー。気に触ることがあるとモノを投げたり物に火をつけたりする妹のジェーン。両親はすでに無く、アメリカの片田舎で二人でしずかに暮らしています。
そこに、風変わりな男がやってきます。
風貌はまるでトーキーから抜け出てきたようなシルクハットにステッキをもった若者サム。彼はベニーの友人のいとこで、どうにも変人のようです。
ひょんなことから彼はベニーとジェーンの家に居候することに。
今まで誰ともうまくコミュニケーションが取れなかったジェーンが、彼には心を開いていき、しかし、ベニーはそれをうまく受け入れることができず・・・。

★★ジョニーデップ情報★★

「プーコのハワイ生活」さんより引用

ずっとずっと気になっていた現在撮影中の、ジョニー・デップの映画「チャーリーとチョコレートファクトリー」。いったいいつ公開なの?と思い、ウェブを見ていたら、はい見つけました。

らしいです。こちらのサイトに行くと、最新のジョニーデップ映画の情報が!

●●●●●

ネタバレ

ここから書くことは、映画の中身が良くわかってしまうかもしれないので、これから見るかたはあまり読まれないほうが良いと思います。

DVDやビデオに書いてある粗筋によると、「自閉症の妹とパントマイムで会話する青年」と書いてあるのですが、大間違いです。
当時の日本では「自閉症」という言葉の認識が違ったのでしょうか?作品では自閉症という訳は出てきませんが、英語でそういってるのでしょうか?
私たちが知っている自閉症とは明らかに違うように思われます。むしろ、神経症のようですが・・・。

●●●●●

最初から、ぶっ飛ばしていましたね。二人が初めてお互いを見た瞬間、ジェーンは車の助手席でヘルメットをして、両膝を抱えて座っており、サムはトーキーの格好をして木の枝に座っているのです。そんな二人がお互いを見つけ、車がその木の前を通り過ぎるまでをスローモーションで描きます。
当たり前すぎ、やりすぎなシーンなのですが、もう、見た瞬間「ヘルメットかぶって恋に落ちたい!」と願わずにいられませんでしたね。ええ!しょうがないです。
だって相手はクラシカルな格好をしたジョニー・デップなんですよ?それも、20年近く前の青年ジョニーデップですよ?もー無理。かっこよすぎでした。

●●●●●

それから、アイロンでパンを焼くシーン!これも最高。サムの変人ぶりをあらわすシーンでもありますが、食べてみたくなりました。
が、結局サムは家事も有能だし話せるし、トーキーな技もあるし、なかなかの好人物であるうえに、ジェーンが発作を起こして最悪の状態になったときに、「引かない」のですよ!痙攣を始めたジェーンを一生懸命抱きしめて、なだめる。

愛ですな~。

私は、二人の恋が実った段階でラストの悲しい予想をしていました。ジェーンはサムの前ではいつも精神が安定していて、サムはジェーンのどこが病気なのかさっぱりわかっていなかったので、いずれ、ジェーンのキレっぷりを見たときに、手に負えないと判断して、町を去っていくのでは?そして、この兄妹は元の生活に戻る、そういうラストなのだろう・・・と推測していました。

●●●●●

しかし、サムはなんの葛藤も無くジェーンを受け入れます。そして、精神病院へ乗り込んでいく。
あわせてもらえないとわかるや否や、兄のベニーだけでも妹の病室にもぐりこめるように自分が囮になったり、外からジューンの病室の窓を教えてもらうや否や、病院の壁を登り始めるのです!
すごい!まったくもって「おとぎ話」だ。

そうして、サムとは、兄のせいで一生合えないと悲観し、思い込んで心を閉ざしているジューンに会いに行くのです。
サムは屋上からぶら下がっていたロープにつかまり、反動をつけてジューンの病室の窓の前を何度も往復します。
そこも、スローモーション。できすぎだってわかっているけど、感動せずにいられませんでした!
それを見たジューンは病室を出ることを即決!
今まで施設行きを押していた精神科医もそれを許諾。
そして、二人は一緒に暮らし、一緒にアイロン台の上でアイロンでパンを焼くのです。

●●●●●

精神病の重いテーマや、やや文盲気味のサムのそだってきた環境や就職に対する問題などは深く語られません。彼は履歴書にうまく記入ができませんが、映画の知識が高いことからレンタルビデオ屋に採用され、お客さんに適切なアドバイスをすることができます。
つまり、彼らの抱えている問題を社会的に追及したりなんだりを一切しません。
しかし、この映画を見て感じることは、「受け入れること、受け入れてくれる場所」です。
兄は、妹を受け入れているし、恋人もお互いにお互いを受け入れている。そんな社会って素敵だなって思います。

|

« 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか | トップページ | カンフーハッスル ありえねー!が面白すぎ »

コメント

トラバ、ありがとうございます。私もこの「妹の恋人」好きです。夫もこの映画が一番好きみたいです。あとは「ドン・ファン」もセクシーで好きだし。。。。やっぱり彼の映画はいいですよね♪

投稿: プーコ | 1月 08, 2005 02:21 午前

endosperm betail counterplease trifacial counterquip wiseheimer sulphoricinoleic mergulus
KMS
http://www.axxess.co.za/

脱オシャレ映画宣言

投稿: Jeanette Hill | 10月 19, 2007 01:55 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50824/2502594

この記事へのトラックバック一覧です: 妹の恋人 美しすぎる恋愛おとぎ話。ヘルメットをかぶって恋に落ちる!:

» スピルバーグの新作 [blog]
スピルバーグの来日で、テレビで「E.T.」の映像をちらっと見たんですが やっぱあの映画いいなあ・・・・ 宇宙人がどうとか家族がどうとかいうのもあるんだろうけど、 いちばんのテーマは、インナーチャイルドに作用することだと思うんですね。 数年前にE.T.をひさびさに見て..... [続きを読む]

受信: 6月 14, 2005 06:11 午後

« 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか | トップページ | カンフーハッスル ありえねー!が面白すぎ »