2001年宇宙の旅 何度見てもおもしろい!

SFなんてわからないし、小説も読んでいないし、あまり興味がないので、その辺は論点にはいっておりませんが、
猿とモノリスとの対峙は本当にかっこいい!!
そして、絶妙なクラシック音楽の使い方。いつ見てもかっこいい、そして、色あせない。
私がキューブリック作品で一番好きな映画です。

2001年宇宙の旅
スタンリー・キューブリック

おすすめ平均 
映画=‘科学芸術’の自己言及
モダンの時代を感じさせる作品
傑作
6年間かけて制作されたSF映画を根本から変えた傑作
難解だけど素晴らしい

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

書きたいことが山ほどあったので、ちょっと章だててみました。

1、かっこよさ
2、交響詩ツァラストラかく語りき(オープニングテーマソング)
3、モノリス
4、スーパーコンピュータHAL9000
5、ニーチェについて

です。お時間・ご興味のある方は見ていただけるとうれしいです。あんまりたいしたことは書いてませんが。

2001年宇宙の旅の画像がいっぱい 一応音楽(交響詩・ツァラストラかく語りき)も。雰囲気が味わえます。

★書籍

決定版 2001年宇宙の旅
アーサー・C. クラーク Arthur C. Clark 伊藤 典夫

おすすめ平均 
SF小説の頂点
映画を見て首をかしげた人にはお勧め
読者の想像力に迫る
アーサー・C・クラークの話は本当になってる
ヤペタスの目、映像の目、言葉の目

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
未来映画術「2001年宇宙の旅」
ピアース ビゾニー Piers Bizony 浜野 保樹 門馬 淳子

おすすめ平均 
2001年を前に

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

続きを読む "2001年宇宙の旅 何度見てもおもしろい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェコ映画(ヤンシュワンクマイエル)に興味を持ったら、ココ!

ヤンシュワンクマイエルに関しては、このサイトが一番わかりやすく、見やすく、情報も取りやすいサイトだと思っています。
ヤン・シュヴァンクマイエルの食卓
作品に興味があったら、作品データベースのページに行って作品名の横の年代をクリックしてください!とくに、「悦楽共犯者」のページは充実していますねー!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

タゲレオ出版のホームページ

マイナーだったり、アングラだったりを扱っているイメージフォーラムのサイトです。
紹介したい映画だけど、見ようがないし、まして、入手のしようが無い映画など、タゲレオ出版からだったら入手できるんだなーということで、もしも、興味をもってしまった方がいたら、こちらのサイトへどうぞー。
tagereo.gif
ブラザーズ・クエイやソクーロフが手に入ります!アマゾンにすら、なかなか無いのでー。残念ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少林寺映画を見たくなったらココ!

凄いです。メジャーからマイナーまで、カンフーモノ扱ってます。情報量が半端じゃないです!
naruhp.pngさらにマニアなかたはこちらのリンクにも満足なさるはず。
ジャッキー・サモハン・ユンピョウ・ホイ三兄弟にはじまり、ブルースリーはおいておいて、ジェットリー・リューチャーフィーなどなど。
映画に関してはもうすんごい。「ばか拳」のレビューを初めて見ました。
リューチャーフィーの画像も充実!
カンフー好きなら必見です!そして、今まで興味がなかった人も興味がでちゃうかも!
無茶な修行を見ておなかを抱えて笑いましょうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人102芸を知りたくなったら(なるのか?)ココ!

皆さんの興味の有無はわかりませんが、お勧めサイトです。
titleT.gif
闘将!!拉麺男の登場人物と、「美来斗利偉拉麺男」(ビクトリーラーメンマン)の超人102芸が記されてます。
また、このサイトの管理人さんはどうやら「流星拳砲岩」(りゅうせいけんホーガン)が大好きらしく語ってます。
私は、どくろ拳ガンダムがすきです。
で、みなさん、超人102芸知りたくなりますかねえ?
少なくとも、私はなりましたけどね、ええ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙家族ロビンソン

とにかく笑う!
懐かしい!!と思う方もおられるでしょうねー。宇宙家族ロビンソン!セカンドシーズンがDVDで発売らしいです。

lovinson.jpg
宇宙家族ロビンソン LOST IN SPACE

あらすじとしては、ロビンソン博士一家(ぱぱん・ままん・女子・少女・ガキ)と女子と恋仲の男子と「スミス博士!」とロボットの「フライデー」が宇宙で巻き起こす(遭遇する)珍事件といったかんじです。

で、みどころは、リアルタイムで見た方達は、やはりSFの凄さ!なんでしょうけど、私にとっては、
「バカスミス博士とロボとガキのからみ」がいつも一番おもしろかったです!

ここで、一番精神年齢が低いのは、スミス博士です。
性格は、意地悪ばーさんみたい!で、誰よりもトラブルメーカー。ロボットには罵詈雑言をあびせます、
「この、すっとこどっこい!」とかね。
ガキは、意外なことに、良識派。

まあ、こんな大人気ない博士と一緒にいたのでは、良識派の役割を担わないとしょうがないし、
ガキとしてもこの大人が一番一緒にいて楽しかったことでしょう!

そんなスミス博士の動きを好く捉えた絵本の画像を掲載しているサイトがありました。
両手を挙げて飛び上がっているスミス博士。(上から2番目の左側の見開きです)まさしく、私のイメージするスミス博士そのものです。
このひと、コレで敵国のスパイだってんだから、すごいよねー。スパイってこんなドジで目立ってていいんだ?


DVD買ってください!とはいえませんが、機会があったら見て欲しいですねー。たのしいよ。
それにしても、この人たちって「宇宙で迷子」なんですよねー。LOST IN SPACEなんだから。大変だよね。
邦題っていいなあ「宇宙家族ロビンソン」だもん。ホカホカ家族なかんじがするじゃない?

私は、この番組の何度目の再放送かはわかりませんが、自宅でボーっと見ていました。
暇だったので、たぶん大学生の夏休みとかだったと思います。毎日「外ドラ」見てました。ああ、もどりたーい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

世界の中心で、カニを??

超・笑いました!なんてすばらしいセンスなんだ!

世界の中心で愛を叫び、日本の片隅北海道からズワイガニをプレゼント!笑

だそうです!!

やるな!北海道!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)