宇宙家族ロビンソン

とにかく笑う!
懐かしい!!と思う方もおられるでしょうねー。宇宙家族ロビンソン!セカンドシーズンがDVDで発売らしいです。

lovinson.jpg
宇宙家族ロビンソン LOST IN SPACE

あらすじとしては、ロビンソン博士一家(ぱぱん・ままん・女子・少女・ガキ)と女子と恋仲の男子と「スミス博士!」とロボットの「フライデー」が宇宙で巻き起こす(遭遇する)珍事件といったかんじです。

で、みどころは、リアルタイムで見た方達は、やはりSFの凄さ!なんでしょうけど、私にとっては、
「バカスミス博士とロボとガキのからみ」がいつも一番おもしろかったです!

ここで、一番精神年齢が低いのは、スミス博士です。
性格は、意地悪ばーさんみたい!で、誰よりもトラブルメーカー。ロボットには罵詈雑言をあびせます、
「この、すっとこどっこい!」とかね。
ガキは、意外なことに、良識派。

まあ、こんな大人気ない博士と一緒にいたのでは、良識派の役割を担わないとしょうがないし、
ガキとしてもこの大人が一番一緒にいて楽しかったことでしょう!

そんなスミス博士の動きを好く捉えた絵本の画像を掲載しているサイトがありました。
両手を挙げて飛び上がっているスミス博士。(上から2番目の左側の見開きです)まさしく、私のイメージするスミス博士そのものです。
このひと、コレで敵国のスパイだってんだから、すごいよねー。スパイってこんなドジで目立ってていいんだ?


DVD買ってください!とはいえませんが、機会があったら見て欲しいですねー。たのしいよ。
それにしても、この人たちって「宇宙で迷子」なんですよねー。LOST IN SPACEなんだから。大変だよね。
邦題っていいなあ「宇宙家族ロビンソン」だもん。ホカホカ家族なかんじがするじゃない?

私は、この番組の何度目の再放送かはわかりませんが、自宅でボーっと見ていました。
暇だったので、たぶん大学生の夏休みとかだったと思います。毎日「外ドラ」見てました。ああ、もどりたーい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

世界の中心で(セカチューに物申す?)

「世界の中心でアイを・・・」とくれば、EVAでしょ?
超・軽い薀蓄です。眞鍋かをりさんが物まねに幅を出すためにも、ちくっとこうかと思って、トラックバックしてみます。
eva_vlo8.jpg
エヴァンゲリオン 「世界の中心でアイを叫んだケモノ」収録
特にエヴァはまり世代はそう思うはず! だって、感動したもん!特にラスト25話、26話最高じゃないですか!

今までの「傷つきたくないから他人を拒絶して必要以上に近づかない」主人公が、
「僕は、ここに、在ても、いいんだ!」と悟るというプロセス。
エヴァはただのロボットアニメ(汎用人型決戦兵器で、生物なんだけどね)じゃないんだ!
というすばらしいエンディングだったと思っています。

とくに、テレビ版は。

でね、セカチューなわけですよ。なんだこりゃ?世界の中心で愛をさけぶぅうう?ひでえパクリだ!って。

でも、セカチューを、たまたまテレビで見る機会があって、その考えはやめました。

題名がパクリでも、哀しいもんは、かなしいじゃないかぁああ!泣きましたよ。ええ、泣きました。

ぶっちゃけ、エヴァも、パクリですもんねー。
元々はハーラン.エリスンという作家の書いた本の題名だったわけですから。
世界の中心で愛を叫んだけもの ハーラン・エリスン (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)