ABCアフリカ 今一番見たい映画!

素敵なコメントを頂いたのでキアロスタミについて調べていたら、この映画が見たこと無いけどとっても面白そうでした。
見てみたい、とても見てみたいとおもいます。
その名も、「ABCアフリカ」ウガンダの状況をキアロスタミ視点で作った映画みたいです。
詳しくは、こちら
「アフリカ内戦の地には、子供達の笑顔があった。音楽があった。希望があった。 そしてキアロスタミは 答えを、見つけた」

↓こちらは、キアロスタミが神戸を訪れた時のインタビューがのってます。個人的に勇気づけられました。
1996神戸百年映画祭

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オリーブの林を抜けて ジグザグ道三部作最終

「映画3本使ってすごいことやらかした」って映画たち!とうとう、ジグザグ道三部作第3弾。最後です。
不器用で普通の男、ホセインの純情が甘酸っぱく炸裂しているぞ!

今回は、第2弾を見ていないと、ちょっと面白さが、半減してしまうかなー?というものです。
なぜなら、主人公は、第2弾での脇役だったので。
第2弾の映画、「そして人生はつづく」のちょい役二人をクローズアップして作成したのが、今回です。
ぶっちゃけ、第3段を見て、わたしはびっくりしましたね!
「なんだ、この監督は!映画3本つかって、大どんでん返しか!」ってねー。
ori.jpg
オリーブの林を抜けて

あらすじ

青年ホセインは同じ映画に出演している少女を愛している。少女のことが好きで好きでたまらないのだが、
少女は完璧なまでにホセインの気持ちを無視し続ける。
ホセインは、一生懸命少女に愛をささやくが、少女はまるで聞こうとしない。
最後、彼は、帰宅中の彼女を追って、オリーブの林を走っていく。
その後は、・・・映画を見てください。

美しいイランの風景を背に、不器用で普通の男、ホセインの純情が甘酸っぱく描かれている?ような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そして、人生はつづく ジグザグ道3部作第2弾!


イラン映画、ともだちのうちはどこ?の続編です!

jin.jpg
そして人生はつづく
この映画を見たときは、ああ、イランってこうなのかあ。素朴で、いい国だな。と思いましたねー。
本当に自然に生きているというか。
映画出演者の人生を覗いて歩くような感じで、落ち着いた映画が好きな人だったら、まったく問題ないと思います。
そして、「ともだちのうちはどこ?」を見た人なら、ぜひ、こちらも見ていただきたいなと。

あらすじ

今回は、イランで起きた大震災の後、「ともだちのうちはどこ?」の出演者(特にさいごは主人公)は果たして無事なのか?みんな、どのように暮らしているのかを、映画監督とその息子が探しに行くというドキュメンタリーチックなストーリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ともだちのうちはどこ イラン映画万歳!

「ジグザグ道三部作」と呼ばれている3部作ものの、第1作です。作成は、イラン人の監督、アッバス・キアロスタミ!
tomo.jpg

ともだちのうちはどこ
これは、普通の映画です。3部作の中では、一番ストーリー性があり、わかりやすくて、おもしろいです。
なにがいいって、そんなに大きな事件じゃないんだけど、子供の日常にとっては大事件で、
自分が子供の時に、本当に些細なことで、死ぬほど悩んだことを思い出しちゃうかんじのところです。
とりあえず、3部作の第1作だから、みてください!と、そして、できれば、3部ぜんぶみてほしいなあと。
2作目を見ただけで、「あれ?なんだこりゃ!」って思うので。
3部作全部使って、いろいろやってますから!

それにしても、腹立たしいのはアメリカ政府!
こんなやさしい映画を作る監督を、アラブ人というだけで入国拒否したんです!たしかに、テロのあった年だったけれども。
ニューヨーク映画祭に招かれたから、わざわざイランからきた監督に対して、その仕打ち。同じく、ニューヨーク映画祭に招かれていたフィンランドの映画監督アキ・カウリスマキは、アメリカへの抗議の意味を込めて、映画祭をボイコットしてました。
イランとイラクとアルカイダの区別がつかない国なんですかねー?まあ、国のせいじゃないか。政府の方針か。


あらすじ

先生に明日宿題をノートに書いて来なければ、退学だと脅された友だちのノートを間違ってもって帰ってしまった主人公が、そのノートを返す為に、友だちの家を探すというお話。
なんでそれが映画になるの?って思う方もいらっしゃるでしょうが、この作品で、アッバスキアロスタミは世界中から代絶賛を受けるのです!

| | コメント (4) | トラックバック (1)